海街diaryの『坂下美帆』キャラクター徹底紹介!

この記事は2分で読めます

海街diary 坂下美帆
Sponsored Link

女子でありながら、

男女混合サッカーの試合にゴールキーパーで出る実力を持つ『坂下 美帆』

 

今回の記事では、すずの親友でもある彼女のことについて紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

坂下美帆の人物紹介

 

  • 『湘南オクトパス』のレギュラーメンバーでゴールキーパーを務めている。
  • 愛称は「みぽりん」
  • 藤沢女学園というお嬢様学校に通学していて、すずたちとは別の中学。

 

『海街diary』1巻~6巻までに登場している家族 名前
父親 名前は不明
長男 名前は不明⇒坂下課長(6巻の『四月になれば彼女は』という話で明確になる)
次男 『坂下美波』
三男 『坂下渚』
姉妹がいるかどうかは分からない。

 

 

 

裕也への片想い

 

『海街―真昼の月―』2巻の『二人静』にて裕也に片想いをしていることが判明する。

 

そして、勢いで病院にいる裕也に告白をしに行くが、その場の雰囲気的に忘れて欲しいと言う。

 

このときに、裕也への想いは諦めてしまったようで、

それから、よく二人で仲良さそうに喋っているすずと裕也を見て、

裕也はすずのことが好きなのではないかと勘違いをするが、

『海街―陽のあたる坂道―』3巻の『誰かと見上げる花火』という話で、

裕也と恋人の女の子が一緒に花火大会に行こうとしているところを目撃して完全に失恋をする。

 

 

お節介やきな人柄

 

見かけによらず(酷い)乙女な一面があり、恋愛がらみの話に目がなく、風太がすずのことが好きなことにすぐに気づいた。

 

『海街―帰れない二人―』4巻の副題と同名の『帰れないふたり』では、

すずに風太に誕生日プレゼントをあげるようにけしかけたり、

幸と椎名の後を追うために、すずが風太と一緒にグループから抜け出そうとするのを助けたりしてくれる。

 

また、恋愛ごと以外でも、なにかと口と行動で面倒事を起こすマサを押さえつける役割を持っている。

 

『海街―四月になれば彼女は―』6巻副題と同名の『四月になれば彼女は』という話では、

すずのスポーツ特待生の話を母親から聞いて、すずが皆に黙っていた理由や心情を考慮せず、皆の前でそれを話して、すずを怒らせてしまったマサを注意している。

 

 

今後は?

 

すずの親友として、湘南オクトパスのメンバーとして、皆をサポートするみぽりん。

 

これから佳乃と坂下課長の関係が進展すれば、もっと出番が増えてくるかもしれません。

Sponsord Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ツイッターやフェイスブックなどでシェアしていただけると非常に嬉しいです♪よろしくお願いいたしますm(_ _)m

関連記事

  1. 海街diary 福田仙一
  2. 海街diary 井上康之
  3. 海街diary 藤井朋章
  4. 海街diary 多田裕也
  5. 海街diary 香田佳乃
  6. 海街diary 陽子さん
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


海街diaryファンのサイトについて

このサイトでは「海街diary」の映画と漫画などについての情報をお届けしていくサイトです。

管理人が気になった事を自由に書いていますので、お見苦しい部分もあると思いますがなるべく面白い情報を提供していきますので、記事の内容が気に入っていただけた場合は「いいね!」や「ツイート」などでシェアしていただければ非常に嬉しく思います。是非よろしくお願いします。

もし分からない事があれば調べていきますのでなんなりとお聞かせください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ブログランキング参加中

カテゴリー