海街diary『海猫食堂のおばちゃん』キャラクター徹底紹介!

この記事は2分で読めます

海街diary 海猫食堂のおばちゃん
Sponsored Link

海猫食堂のおばちゃんが登場した期間は

『海街diary―帰れないふたり―』4巻と『海街diary―群青―』5巻。

 

長く登場したわけでもないのに、彼女の存在感はかなりのものでした。

 

今回の記事では、彼女のことについて、詳しく紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

海猫食堂のおばちゃんの人物紹介

 

  • 名前は『二宮幸子』
  • 海猫食堂の女将さんで、母親と一緒にお店を経営していた。
  • 『海街―群青―』5巻に収録されている『群青』という話で亡くなる。
  • 弟が一人いる。

 

皆から愛された『海猫食堂』の経営者

 

アジフライ定食が看板メニューの『海猫食堂』の経営者、母ひとり、子ひとりでお店を経営していた。

 

最初はカフェを経営していたが、うまくいかずに、食堂に鞍替えをした。

 

食堂にしてからお店は繁盛して、お店のローンも完済できた。

 

 

母を看取った後に訪れた悲劇

 

『海街diary―群青―』に収録されている話『秘密』にて、

母を看取り、ローンを完済しこれからというところで、

30年ほど音信不通だった弟が母が亡くなった事を聞きつけて、遺産をよこせと言ってくる。

 

弟は高校に通っているときに荒れていて、家族に暴力をふるっていた。

それに激怒した父親に殴り倒されてから、弟は家出し、それ以来音信不通だった。

 

おばちゃんにとって、弟は血のつながった家族とはいえ、自分や母に暴力をふるっていた弟は憎い相手だった。

 

自分が看護し、看取った母の遺産をなにもしなかった弟にとられてしまう上に、

自分が死んだあと、自分が持っていたお金も弟にとられてしまう。

おばちゃんはやりきれない想いを抱えながら、自分が亡くなった後の準備をする。

 

 

海猫食堂のおばちゃんに対するイメージ

 

予想通りといいますか、やはり、

おばちゃんの弟に対する罵詈雑言がものすごいことになっていました(;^ω^)

 

『弟は悪魔だ』

などという過激な意見もかなりありました(;^ω^)

おばちゃんは読者の人たちからもとても愛されていたようです。

 

 

まとめ

 

『海街―群青―』5巻の海猫食堂のおばちゃんの死や、お金に関する問題、

これは、人の死に向き合う緩和ケアの仕事をしている幸にとって親しい人の死と向き合うことを意識させ、

 

おばちゃんがとても頑張ってきたからこそ、お金にまつわる問題を少しでも楽にしてあげたいという気持ちは佳乃の仕事に対する意識をただこなすというものから、

人のために仕事をしたいというものに変えさせました。

 

おばちゃんの死後、海猫食堂は取り壊されてしまいますが、

おばちゃんが生前に作っていた料理のレシピは、

すずやマサのお母さん。山猫亭のおじさんに受け継がれ、おばちゃんの生きていた証は確かに受けつがれていきました。

 

これからも、おばちゃんの残したレシピは『海街diary』の中に出てきて、

物語に華を添えてくれると思います。

 

おばちゃんのレシピが気になる方は、

『すずちゃんの海街レシピ』という本のご購入をお勧めします。

 

クックパットでも、海街レシピを再現している人がたくさんいるので、

そちらを参考にしてみるのも面白いかもしれません。

Sponsord Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ツイッターやフェイスブックなどでシェアしていただけると非常に嬉しいです♪よろしくお願いいたしますm(_ _)m

関連記事

  1. 海街diary すずの親戚
  2. 海街diary 緒方将司
  3. 海街diary 漫画 登場キャラクター
  4. 海街diary 藤井朋章
  5. 海街diary 多田裕也
  6. 海街diary 香田幸
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


海街diaryファンのサイトについて

このサイトでは「海街diary」の映画と漫画などについての情報をお届けしていくサイトです。

管理人が気になった事を自由に書いていますので、お見苦しい部分もあると思いますがなるべく面白い情報を提供していきますので、記事の内容が気に入っていただけた場合は「いいね!」や「ツイート」などでシェアしていただければ非常に嬉しく思います。是非よろしくお願いします。

もし分からない事があれば調べていきますのでなんなりとお聞かせください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ブログランキング参加中

カテゴリー