海街diary漫画の登場キャラクターまとめ

この記事は6分で読めます

海街diary 漫画 登場キャラクター
Sponsored Link

『海街diary』のキャラクターたちは、いずれもどこかでつながっていて、

登場人物は巻を重ねるごとに増えていきます。

 

『海街diary』では、キャラクターたちの会話の中で、自然と名前が出されるため、

気をつけて読んでいなければ、キャラクターの名前を読み流してしまうことがあります。

 

今回の記事では、そんな『海街diary』のキャラクターたちをまとめてご紹介させていただきます。

Sponsored Link

目次

『海街diary』登場キャラクター一覧

 

『海街diary』の主人公

 

『浅野 すず』(あさの すず)

 

父が妻子がいるにも関わらず、母と不倫し、駆け落ちした末に産まれた子。

異母きょうだいのと共に、鎌倉で暮らしている。

 

浅野すずについての詳しい紹介はこちら
海街diaryの『浅野すず』キャラクター徹底紹介!

 

 

すずの異母きょうだい

 

『香田 幸』(こうだ さち)

 

鎌倉の市民病院で看護婦として働いている。

とても面倒見が良いが、神経質で怒りっぽい。

 

香田幸についての詳しい紹介はこちら
海街diaryの『香田幸』キャラクター徹底紹介!

 

『香田 佳乃』(こうだ よしの)

 

鎌倉信用金庫の職員として働いている。酒癖と男運が悪い。

 

香田佳乃についての詳しい紹介はこちら
海街diaryの『香田佳乃』キャラクター徹底紹介!

 

『香田 千佳』(こうだ ちか)

 

鎌倉にあるスポーツ用品店で働いている。

マイペースで、つかみどころのない性格をしている。

 

香田千佳についての詳しい紹介はこちら
海街diaryの『香田千佳』キャラクター徹底紹介!

 

 

佳乃の元カレ

 

『藤井朋章』(ふじい ともあき)

 

『ラヴァ―ズ・キス』という『海街diary』の作者である吉田秋生先生の別作品のキャラクター。

彼のことは『海街diary』でも、説明されるが『ラヴァ―ズ・キス』を読むともっと詳しく知ることが出来る。

 

藤井朋章についての詳しい紹介はこちら
海街diaryの『藤井朋章』キャラクター徹底紹介!

 

 

すずの所属するサッカーチーム『湘南オクトパス』のチームメイトたち

 

『尾崎風太』(おざき ふうた)

 

紆余曲折を経て、サッカーチームの主将となる。すずのことが好き。

 

尾崎風太についての詳しい紹介はこちら
海街diaryの『尾崎風太』キャラクター徹底紹介!

 

『多田 裕也』(ただ ゆうや)

 

サッカーチームの主将だったが、病気で右足を切断することになる。

イケメンでかなりモテる。

 

多田裕也についての詳しい紹介はこちら
海街diaryの『多田裕也』キャラクター徹底紹介!

 

『坂下 美帆』(さかした みほ)

 

女だてらにサッカーチームの正ゴールキーパーを務める。

裕也のことが好きだったが、想いが通じず諦めた。

 

坂下美帆についての詳しい紹介はこちら
海街diaryの『坂下美帆』キャラクター徹底紹介!

 

『緒方 将志』(おがた まさし)

 

お調子者で、口が達者。いつも厄介ごとを引き起こしては、皆から怒られている。

しかし、仲間想いなのは人一倍で憎み切れない。

 

緒方将司についての詳しい紹介はこちら
海街diaryの『緒方将司』キャラクター徹底紹介!

 

『井上 康之』(いのうえ やすゆき)

 

サッカーチームの監督を務めている。鎌倉の市民病院で理学療法士として勤めている。

幸のことが好き。

 

井上康之についての詳しい紹介はこちら
海街diaryの『井上康之』キャラクター徹底紹介!

 

 

風太のきょうだい

 

『尾崎 光良』(おざき てるよし)

 

風太の兄、酒屋と居酒屋を経営している。

鎌倉の日本酒同好会『鎌倉七酔人』の主催をしている。

朋章と仲が良く『ラヴァ―ズ・キス』の登場人物の一人でもある。

 

 

みぽりんのきょうだい

 

『坂下(課長)』

 

名前はまだない。

みぽりんの三人の兄の一番上で、佳乃の上司、過去になにかあったらしい。

佳乃が入っている日本酒同好会『鎌倉七酔人』の一人。

現在、佳乃に片想いもとい、獲物としてロックオンされている。

 

坂下課長についての詳しい紹介はこちら
海街diaryの『坂下課長』キャラクター徹底紹介!

 

『坂下 美波』(さかした みなみ)

 

みぽりんの三人の兄の二番目のお兄ちゃん。漁師をしている。

『湘南オクトパス』の保護者の会の会員。

 

『坂下 渚』(さかした なぎさ)

 

みぽりんの三人の兄の三番目のお兄ちゃん。高校生。

 

 

マサの家族

 

『緒方 篤』(おがた あつし)

 

マサの兄。

 

『緒方 ミドリ』(おがた みどり)

 

マサのお母さん。

『海猫食堂』でパートをしていた。

食堂の女将さんが亡くなったあとは『山猫亭』を『海猫食堂二号店』のようにしてしまった。

 

 

千佳の働いているスポーツ用品店の店長

 

『浜田 三蔵』(はまだ さんぞう)

 

千佳の彼氏、元登山家で、過去の登山で指を無くしている。

 

浜田三蔵についての詳しい紹介はこちら
海街diaryアフロ店長『浜田三蔵』キャラクター徹底紹介!

 

 

幸の元不倫相手

 

『椎名 和也』(しいな かずや)

 

鎌倉の市民病院に勤める小児科医。小児ガンのスペシャリスト。

幸と不倫をしていた。

『海街diary―陽のあたる坂道―』3巻『止まった時計』にて幸との関係を解消する。

 

椎名和也についての詳しい紹介はこちら
海街diaryの『椎名和也』キャラクター徹底紹介!

 

 

すずと香田家三姉妹の親や関係者たち

 

 

『浅野』(あさの)

 

幸、佳乃、千佳、すずの実の父、生涯で三回結婚をしている。

頼りない自分がいないとダメなタイプの女性が好み。

渓流釣りが趣味だった。

 

すずの親戚についての詳しい紹介はこちら
海街diaryの『すずの親戚』キャラクター徹底紹介!

 

『北川 季和子』(きたがわ きわこ)

 

すずの実の母、加賀友禅の友禅作家になるのが夢で、鎌倉の作家の元へ修行に来て、

そこで、すずの父である浅野と出会う。

不倫の果てに駆け落ちしてすずを授かった。

 

『陽子』(ようこ)

 

すずと香田家三姉妹の父浅野の再々婚相手。

夫であった浅野が亡くなった後、

一周忌を前に他に男を作り、実子である和樹を一人山形の温泉郷に残して次男を連れて米沢に移り住む。

 

陽子さんについての詳しい紹介はこちら
海街diaryの『陽子さん』キャラクター徹底紹介!

 

『和樹』(かずき)

 

陽子の実子、浅野の実子ではないが、浅野にとても可愛がられていた。

すずの義理のきょうだいだった。

 

『智樹』(ともき)

 

陽子の実子、陽子に連れられて米沢へ行った。

 

『都』(みやこ)

 

幸、佳乃、千佳の実母。

夫である浅野が不倫の果てに駆け落ちをした後、

すぐに別の男性と恋に落ち三姉妹を家において北海道へ行ってしまった。

 

『北川 十和子』(きたがわ とわこ)

 

すずの母、希和子の妹。すずのおば。

母(すずの祖母)の死亡後、すずの行方を探していた。

『海街diary―群青―』5巻に収録されている『彼岸会の客』という話にて、すずと対面をする。

 

『北川 直人』(きたがわ なおと)

 

すずの母、希和子の兄、すずのおじ。

昔、女の子の子供を亡くしている。

すずのことを引き取ろうと思っていた。

 

北川直人についての詳しい紹介はこちら
海街diaryの『北川直人』キャラクター徹底紹介!

 

『北川 正人』(きたがわ まさと)

 

北川 直人の息子、すずの従兄。

昔すずの母である希和子によく可愛がられていた。

小さい頃、苛めにあっていたらしい。

美術大学の学生。

 

 

鎌倉に暮らす人たち

 

『二宮 幸子』(にのみや さちこ)

 

『海猫食堂』の女将さん。

皆から愛されていたが『海街diary―群青―』5巻副題と同名の

『群青』という話で病気によって亡くなる。

 

二宮幸子についての詳しい紹介はこちら
海街diary『海猫食堂のおばちゃん』キャラクター徹底紹介!

 

『福田 仙一』(ふくだ せんいち)

 

『山猫亭』という喫茶店の店主。

気難しい性格だが人の話を黙って聞いて為になる助言をくれる。

昔、外国を渡り歩く度をしていた。

鎌倉のシラスに惚れこんで鎌倉で暮らすことにしたらしい。

 

福田仙一についての詳しい紹介はこちら
海街diary山猫亭の店主『福田仙一』キャラクター徹底紹介!

 

『高野』(たかの)

 

幸の上司。

幸を緩和ケア病棟に誘い主任に抜擢する。

 

『アライ』

 

幸の部下。

仕事ができず周りに迷惑ばかりをかけていて同僚からは嫌がられている。

しかし、患者さんの気持ちをよく理解できるため患者さんからの受けは良い。

 

『大船のおばさん』

 

幸と佳乃と千佳の大叔母(幸たちの母のおば、香田家三姉妹の祖母の妹)

なにかと姉妹たちの世話を焼いてくれる。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

知らなかったキャラクターの名前などがあったと思います。

 

マサのお母さんが『ミドリ』という名前であることを初めて知りました(*´▽`*)

 

もしかしたら読み流してしまって、

この記事には書かれていないキャラクターが漫画の中にいるかもしれません。

 

この機会に漫画を読み返してみるのはいかがでしょうか?

Sponsord Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ツイッターやフェイスブックなどでシェアしていただけると非常に嬉しいです♪よろしくお願いいたしますm(_ _)m

関連記事

  1. 海街diary 7巻
  2. 海街diary 漫画
  3. 海街diary 3巻
  4. 海街diary 6巻
  5. 海街diary 坂下美帆
  6. 海街diary 坂下課長
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


海街diaryファンのサイトについて

このサイトでは「海街diary」の映画と漫画などについての情報をお届けしていくサイトです。

管理人が気になった事を自由に書いていますので、お見苦しい部分もあると思いますがなるべく面白い情報を提供していきますので、記事の内容が気に入っていただけた場合は「いいね!」や「ツイート」などでシェアしていただければ非常に嬉しく思います。是非よろしくお願いします。

もし分からない事があれば調べていきますのでなんなりとお聞かせください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ブログランキング参加中

カテゴリー