海街diaryとは?漫画と映画のあらすじと見所の違いについて

この記事は3分で読めます

海街diary
Sponsored Link

カンヌ映画祭のコンペティション部門に選定された映画『海街diary』

この映画は同名の漫画が原作になっています。

 

映画は知っていても、原作のことを知らない。という方もいらっしゃると思います。

今回の記事では、『海街diary』の漫画の原作と映画の面白さの違いを紹介していきたいと思います。

 

Sponsored Link

 

海街diaryのあらすじ

 

 

鎌倉で暮らす香田家の三姉妹の元へ15年前に不倫をして、不倫相手と駆け落ちし、

それきり音信普通だった父親がガンで亡くなったという報せが届きます。

 

長女である幸は看護婦の仕事が忙しいからと、次女の佳乃と三女の千佳に自分の代わりに葬儀に出席して欲しいと頼み仕事へ、佳乃と千佳は葬儀に出るべく山形へ向かいます。

 

父親との思い出があまりない二人は、父親の死に実感がわかず、旅行気分。

 

そんな二人を葬儀の行われる村の駅で出迎えたのは『すず』という女の子でした。

彼女は、12年前に佳乃たちの父親と不倫をした女性との間に産まれた子で、

佳乃たちにとって、異母姉妹になります。

 

そんなすずの母親は既に他界をしていて、現在、すずは父親の再々婚相手である義理の母親と一緒に生活をしていました。

 

葬儀がはじまると、すずの義理の母親は泣いてばかりいて、全く役にたたず、

最終的に喪主の挨拶もできないと駄々をこね。

しっかりしているすずに喪主の挨拶をさせようとします。

 

そこへ、仕事で来れない筈だった香田家三姉妹の長女、幸がやってきて、子供であるすずにそんな大人の真似をさせるべきではないと彼女たちを一括します。

 

子供のころ、父親が母親と離婚し、不倫相手と共に家を出て行った後、

すぐに男を作り、自分たちを捨てて家を出て行った母親のせいで、

すずと同じく、大人のようにしっかりしなければならなかった幸は、

すずの気持ちを理解していました。

 

そして、葬儀で泣いているだけで、全てを押し付けた義理の母親をみて、ガンで亡くなった父親の面倒をみていたのは、義理の母親ではなく、すずだということを見抜き、

幸は父親の面倒を最後までみてくれたすずにお礼を言います。

 

幸の言葉にすずは今までこらえてきた気持ちを全部吐きだすように泣きだしました。

その姿を見て、幸は思わず身よりのなくなったすずに

『一緒に鎌倉で暮らさない?』と提案します。

 

そして、すずは幸の提案にのって、鎌倉で香田の三姉妹と共に生活を始めるのでした。

 

 

漫画原作のあらすじと見所

 

原作である漫画では、幸の誘いにすずが元気よく「はい!」と返事を返し、

彼女の鎌倉での生活がはじまります。

 

四姉妹となった彼女たちの人間関係を中心に鎌倉で流れていく季節と一緒に、

徐々に他人のような関係から家族という形に変わっていく四人と彼女たちを取り囲む周りの人の様子が丁寧に描かれます。

 

 

映画のあらすじと見所

 

映画では、四姉妹の中でも長女の幸にポイントを絞って話を展開させているため、

季節の順序や話の順序がバラバラになったり、

長女幸以外の姉妹の人物背景があまり深く触れられなかったり、

原作のファンとしては少々残念に思うところもあります。

 

しかし、原作の見所である鎌倉の美しい景色はそんな不満をふっとばしてくれます。

 

映画の感想やロケ地についてはこちら
海街diary映画の感想とカンヌの評価は?キャストの評判について
海街diaryの映画ロケ地まとめ!鎌倉の古民家と食堂はどこ?

 

 

まとめ

 

映画の『海街diary』では、鎌倉の美しさを楽しむことができ、

漫画の原作である『海街diary』では、四姉妹の絆が深まっていく様子と

四姉妹を取り巻く人々の深い人間関係の様子を楽しむことができます。

 

しかし、やはり、映像化されるとなると、どちらも期待をしてしまいますよね。

 

『海街diary』の映画化は嬉しかったのですが、

個人的にはドラマ化もして欲しかったかなと思いました。

今後ドラマ化も期待しましょう!

Sponsord Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ツイッターやフェイスブックなどでシェアしていただけると非常に嬉しいです♪よろしくお願いいたしますm(_ _)m

関連記事

  1. 海街diary 映画 DVD
  2. 海街diary ロケ地
  3. 海街diary 映画
  4. 海街diary 漫画 年表
  5. 海街diary 漫画
  6. 海街diary 4巻
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


海街diaryファンのサイトについて

このサイトでは「海街diary」の映画と漫画などについての情報をお届けしていくサイトです。

管理人が気になった事を自由に書いていますので、お見苦しい部分もあると思いますがなるべく面白い情報を提供していきますので、記事の内容が気に入っていただけた場合は「いいね!」や「ツイート」などでシェアしていただければ非常に嬉しく思います。是非よろしくお願いします。

もし分からない事があれば調べていきますのでなんなりとお聞かせください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ブログランキング参加中

カテゴリー