海街diary漫画1巻「蝉時雨のやむ頃」ネタバレと感想見所は?

この記事は5分で読めます

海街diary 1巻
Sponsored Link

今回の記事では、2015年映画にもなった『海街diary』の一巻『蝉時雨のやむ頃』の内容を見直していきたいと思います。

 

『海街diary』は起こった一つのことを、別の人間の視点で描かれている漫画です。

キャラクターごとの視点で第一巻を振り返ってみたいと思います。

 

Sponsored Link

 

キャラクターの視線ごとの第1巻ネタバレ

 

※ここからネタバレになりますのでご注意ください!

 

『朝野すず』の視点

 

『蝉時雨のやむ頃』

 

癌で父親が亡くなり、様々な用事を父の再婚相手義理の母親である陽子に押し付けられ、父が自分の母と一緒になるために捨てた家族である香田家の姉妹を地元の駅まで迎えに行き。

そこで、腹違いの姉妹、佳乃と千佳に出会う。

 

父の葬式の喪主の役を義理の母や、彼女の養父たちから押し付けられそうになったところを葬式に駆けつけた腹違いの姉妹の長女の幸によって押し付けられずにすむ。

 

父の葬式の後、癌で少しずつ弱っていく父をずっと傍で支え続けたのは自分であったこと、今まで辛かったことを幸に察せられ、お礼を言われたことで、今までため込んできた感情を爆発させて、泣く。

 

姉妹が鎌倉へ戻るとき、父が大切にしていたという香田家の姉妹たちの写真を持って来て、彼女たちに渡す。

 

そして、姉妹たちが帰りの電車に乗り、いよいよ別れのときを迎えたとき、幸に一緒に暮らさないかと誘われ、即決で『行きます!』と答え、彼女は香田家三姉妹の暮らす鎌倉でかのじょたちと一緒に暮らすことになった。

 

『二階堂の鬼』

 

鎌倉にやってきたすずは、中学時代有名なジュニアサッカーの強豪チームのレギュラーメンバーだったことが判明し、三女千佳の勧めで鎌倉の地元のサッカークラブ湘南オクトパスの入団試験を受けることにする。

 

『湘南オクトパス』に入団することが決まり、新しい中学校ですぐに溶け込むことが出来たすずだったが『湘南オクトパス』の主将だった『多田裕也』が足に出来た腫瘍が原因で右足を切断することになる。

 

足を切断した多田の気持ちを考えると、健康な体である自分たちが気軽に見舞いに行っていいものかと悩んでいる内に、クリスマスになり。

 

すずは自分と同じように多田を見舞いにいくかどうかで迷っている風太と共に、

多田に会いに行く。

 

多田のお見舞いの帰りに、多田の変わりにチームの主将となり、悩んでいた風太に向かい、

すずは「あんたキャプテンにむいていると思う」と言って、励ますのだった。

 

 

長女『幸(サチ)』の視点 

 

『蝉時雨のやむ頃』

 

癌で父が亡くなったという報せを受けるも、昔自分や母を捨て女と一緒に家を出て行った父を許すことができず看護婦の仕事の『夜勤』を理由に次女佳乃と三女千佳に父の葬式に出席するように言う。

 

しかし、式当日、『親切な友人』に車で送ってもらい、葬式に参加する。

まだ子供であるすずに父の葬式の喪主の挨拶をするように言う周りの大人たちを一括し、父の妻である陽子を叱りつけ、喪主の挨拶をさせた。

葬式の後、陽子にきつい言い方をしたことを謝り、父を最後まで見届けたことにお礼をいう。

 

だが、幸は、本当は父を最後まで近くで世話し、見届けたのはすずだと見抜いていた。

幸はすずに最後まで父の面倒をみてくれてありがとうとお礼を言う。

 

鎌倉に帰る日、すずが持ってきた父が大切にしていたという自分たちの写真を見て、父親の死を実感して、佳乃と千佳と共に涙を流す。

 

そして、すずとの別れの間際に、自分たちと一緒に鎌倉で暮らさないかと誘うのだった。

 

 

次女『佳乃(ヨシノ)』の視点

 

『蝉時雨のやむ頃』

 

付き合っている大学生の彼氏の部屋で姉の連絡で父親の訃報を知り、そのまま姉に押し付けられるような形で、三女の千佳と共に山形の父が最期を過ごしたと言う村へ向かう。

 

長女『幸』が腹違いの妹を引き取るといっても、特に反論をすることなく、幸らしいと受け入れ、すずのことも家族として受け入れる。

 

『佐助の狐』

 

自分が勤めている『信用金庫』に彼氏である朋章がお金を引きおろしに来たことで、外資系の金融機関に勤めているOLだという嘘がバレてしまうが、それと一緒に彼氏である朋章が高校生であるという事実が判明する。

そのまま疎遠になってしまうと、今までの関係がなかったことになりそうで嫌だ。

 

朋章のことが本気で好きだった佳乃は朋章と最後の話合いにいき、

そこで、朋章がこの間佳乃が勤めている信用金庫にお金を下ろしに来たのは、

彼が小学生の頃の母の浮気をしていた相手の男性にゆすられて、お金を渡すためであった。

ことを話してもらう。

 

このまま関係は終わってしまのかと聞く佳乃に、朋章は、佳乃はまともで、

自分を取り囲む歪んでいる環境からみると、眩しすぎて辛くなってしまうから。

と関係の終わりを告げ、佳乃は朋章と別れることになる。

 

『尾崎風太(おざき ふうた)』の視点

 

『二階堂の鬼』

 

すずが入団することになった中学のジュニアサッカーチーム『湘南オクトパス』のチームメンバー。

 

プレーの不調により、レギュラーの先発メンバーから外されたことで自信を喪失し、

サッカーをやめようかどうか悩んでいた。

 

新メンバーとなったすずを迎えて、ミニゲームをすることになり、ゲームの最中

チームの主将である多田と接触し、転ばせてしまう。

 

多田の足の様子を見てチームの監督であるヤスは多田を病院へ連れていくことにする。

そして、その後、多田は病気で膝の裏に腫瘍があることが発覚し、

右足を切断するための手術を受けることになるとヤスから知らされる。

 

そして、その場で風太は入院をした多田の代わりにチームの主将となるように言われるのだった。

 

自分がケガをさせてしまった多田の代わりに主将となったことに罪悪感を感じる風太に

ヤスは、技術的なことで主将を選んでいるわけではない。

 

ということと、風太のプレーの調子が悪いのは、急激に成長をした体に脳が追いついていないからだとフォローを入れ、

更に、多田にケガをさせたことについても、

あのとき風太が多田にケガをさせていなかったら、病気の発見が遅れて、多田は死んでいたかもしれない。ということを教え、

多田なら、きっとこのことも乗り越えられる!と断言する。

 

しかし、風太はヤスの言葉に納得していなかった。

自分であれば、足を切断されるのであれば、死んだ方がましだ。

と考えたからだ。

 

そして、多田が手術を終え、右足を切断された後も、足を切断した多田に対し、

健康であり、多田の気持ちを分かってやることができない自分が

多田に何と言って言葉をかければいいか分からず、一人もんもんと悩んでいた。

 

悩んでいるうちに、クリスマスになり、風太は自分と同じように多田に何と言って言葉をかけていいのか分からず、悩んでいたすずと一緒に、

多田にクリスマスプレゼントを渡すついでにお見舞いへ行く。

 

風太とすずがお見舞いに行った先で、風太もチームの主将はお前じゃないとダメだから、早く戻ってきて欲しいと心からの言葉を贈る。

多田は

『今はそう思っていないけど、本当は足がなくなってから何度も死にたいと思っていた』と本音を漏らす。

 

多田の気持ちが分からないことを歯がゆく思いながらも、風太はサッカーの主将を務めることを決める。

 

 

読者の1巻に対する感想は?

 

本作品を描いた『吉田秋生』先生は『海街diary』よりも前に『BANANA FISH』(海街diaryとジャンルが違い、ハードボイルド系です)

という名作を描かれていて、

 

更に、人気作品だった『ラヴァ―ズ・キス』の重要人物である『藤井朋章』やその他キャラクターが登場することから、非常に注目を受けていました。

 

丁寧に描かれているキャラクターたちの心理描写がかなり評価されていて、少女漫画としてコミックが出されていることから女性読者が多そうに思えますが、男性にも丁寧な心理描写がうけているようです。

 

 

見所は?

 

この漫画は、沢山の人物の視点から物語が描かれているため、登場キャラクターの数だけ見所があります。

 

その中でもこの一巻で特に印象的だったシーンは、

すずが持ってきた写真を見て、佳乃と千佳がお父さんの死を自覚するシーンです。

 

お父さんのご遺体をみて、

『知らないおっさんが死んでいる』

と言っていた二人ですが、写真を見て、今まで記憶の底に埋もれていたお父さんの記憶が蘇り、あのとき見たご遺体は「知らないおっさん』なんかじゃなく、「本当のお父さんだった。」と言います。

 

この漫画は他にも沢山印象的なシーンがありますので、機会があれば、是非読んでみてください。

 

2巻についてはこちら
海街diary漫画2巻「真昼の月」ネタバレと感想について

 

Sponsord Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ツイッターやフェイスブックなどでシェアしていただけると非常に嬉しいです♪よろしくお願いいたしますm(_ _)m

関連記事

  1. 海街diary 4巻
  2. 海街diary 漫画 登場キャラクター
  3. 海街diary 7巻
  4. 海街diary 5巻
  5. 海街diary 漫画 年表
  6. 海街diary 漫画
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


海街diaryファンのサイトについて

このサイトでは「海街diary」の映画と漫画などについての情報をお届けしていくサイトです。

管理人が気になった事を自由に書いていますので、お見苦しい部分もあると思いますがなるべく面白い情報を提供していきますので、記事の内容が気に入っていただけた場合は「いいね!」や「ツイート」などでシェアしていただければ非常に嬉しく思います。是非よろしくお願いします。

もし分からない事があれば調べていきますのでなんなりとお聞かせください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ブログランキング参加中

カテゴリー