海街diary漫画の各話ごとの年表と季節まとめ!すずの年齢は?

この記事は2分で読めます

海街diary 漫画 年表
Sponsored Link

今回の記事では、すずの年齢と話と季節を推測してまとめてみました。

 

表を見ると、こんなにも時間が経過していたのか、と感じるのと一緒に、

どこか物悲しい気持ちになります。

 

このもの悲しさは、学校をとっくのとうに卒業して何年も経っていると、

なかなか感じられないものです。

社会人は、区切り無く、日常の繰り返しですからね(ノД`)・゜・。

 

切ない学生気分を味わいたい方は、

この記事を見ながら『海街diary』を見返してみてください。

 

Sponsored Link

 

『海街diary』1巻~6巻までの『すず』の年齢と話ごとの季節まとめ

 

すずの歳:季節(月) 話の題名
すず13歳:夏(8月頃) 『蝉時雨のやむ頃』
すず13歳:秋(9月頃) 『佐助の狐』
すず13歳:冬(10月~12月頃) 『二階堂の鬼』
すず13歳:春のはじめ(1月頃) 『花底蛇』
すず13歳:春のはじめ(2月頃) 『二人静』
すず13歳:春(3月~4月頃) 『桜の花の満開の下』
すず13歳:梅雨(6月下旬頃) 『真昼の月』
すず13・14歳:夏(7月~8月頃) 『思い出蛍』
すず13歳・14歳?:夏(7月~8月頃) 『誰かと見上げる花火』
すず13・14歳?:夏(8月頃) 『陽のあたる坂道』
すず13・14歳?:夏(8月頃) 『止まった時計』
すず14歳:秋(9月18日) 『帰れないふたり』
すず14歳:秋(10月ごろ?) 『ヒマラヤの鶴』
すず14歳:冬(11月~12月25日) 『聖夜に星降る』
すず14・15歳?:冬 『おいしい ごはん』
すず14歳:春(3月下旬) 『彼岸会の客』
すず14歳:春(4月頃) 『秘密』
すず14歳:初夏(5月頃) 『群青』
すず14歳:初夏(5月頃) 『好きだから』
すず14歳:初夏(5月~6月頃) 『いちがいもんの花』
すず14歳:梅雨(6月頃) 『逃げ水』
すず14歳:梅雨(6月頃) 『地図にない場所』
すず14・15歳:夏(7月~8月頃) 『肩越しの雨音』
すず14・15歳:夏(7月~8月頃) 『四月になれば彼女は』

 

 

まとめ

 

『海街diary』では、すずが鎌倉にやってきてから、二年の月日が流れています。

 

すずは13歳・中学一年生のときに、鎌倉にやってきているので、

今発売されている単行本最新刊6巻の時点で、すずは15歳?となっているわけですね。

 

すずの誕生日は8月7日と考えると『蝉時雨のやむ頃』13歳となっているので、

単行本の最新話の話が八月のすずの誕生日を過ぎていると考えると、

すずは作中の中で、現在15歳となります。

 

15歳といえば、もう中学校三年生となる年齢ですね。

 

すずの中学校生活も、あともう少し、何だか切なくなります(ノД`)・゜・。

 

この終わって欲しくないけれど、続きが気になる感じは、たまらないですね。

けれども、やはり、続きは気になってしまいます。

早く続きが読みたい。

 

2014年に単行本が発売されたこと、二年に一冊のペースで単行本が発売されていることを

考えるに、来年には、待望の7巻が発売されます!

早く来年になって欲しいですね!

Sponsord Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ツイッターやフェイスブックなどでシェアしていただけると非常に嬉しいです♪よろしくお願いいたしますm(_ _)m

関連記事

  1. 海街diary 漫画 登場キャラクター
  2. 海街diary 2巻
  3. 海街diary 6巻
  4. 海街diary 7巻
  5. 海街diary 漫画
  6. 海街diary 5巻
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


海街diaryファンのサイトについて

このサイトでは「海街diary」の映画と漫画などについての情報をお届けしていくサイトです。

管理人が気になった事を自由に書いていますので、お見苦しい部分もあると思いますがなるべく面白い情報を提供していきますので、記事の内容が気に入っていただけた場合は「いいね!」や「ツイート」などでシェアしていただければ非常に嬉しく思います。是非よろしくお願いします。

もし分からない事があれば調べていきますのでなんなりとお聞かせください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ブログランキング参加中

カテゴリー